スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義母の部屋の掃除 2010年1月10日(日)

ずいぶん前の家事記録ですみません。
片付けの写真が溜まっているので、
これから少しずつ書いていこうと思います。

年末年始に義母を親戚の家に預かってもらっていました。
そして、義母が戻ってくる前日に、義母の部屋の大掃除をしました。


まずは、衣類の整理です。

義母の部屋のクローゼットは小さいので、
すべての服をかけるわけにもいかず、
その手前にハンガーパイプを置いて、
そこにその時期に着る衣類をかけています。

部屋にはチェストもあるのですが、
たたまないで突っ込むので、すぐぐちゃぐちゃになります。

それで、今回はチェストは下着やパジャマ、ズボン類だけにして、
ブラウスやセーター、カーディガンはすべて吊るすことにしました。

クローゼットには、今の時期には着ない春夏の衣類をかけました。

クローゼット

そして、パイプハンガーには、秋冬の衣類をかけました。

パイプハンガー
写真はこれだけですが、親戚の家に持っていっている衣類があるので、もっと多いです。
で、ここにかかっている服、3月に入った今も、ほとんど着ている様子はありません…。

最近、義母は外出に着た服(セーターとカーディガン)のまま夜も寝ています。
理由を聞いたら「寒いから」と言われました。

ズボンだけはパジャマに履き替えているのですが、
それもなぜか同じパジャマのズボンだけで、
何週間も洗濯に出さないので、たまにデイサービスの間に私が洗濯すると、
今度は外出着のズボンのまま寝ています。

他のパジャマは着心地が悪いのかと思って聞いたのですが、
「別にそんなことないわよ」と言われました。
違うパジャマをチェストから出すのが面倒なのでしょうか。

もともと横着だったのですが、さらにひどくなってきているように感じます。

義母の洋服は、以前着る着ないを少しずつ聞いて、だいぶ減らして、
管理も楽になったはずだったのですが、
今回、服を数えてみると、そのときの倍の数になっていました。

親戚の家に預けるたびに、買いに連れて行ってもらったり、譲ってもらったりするようで。
きっと新しいのを買っていないので、「着る服がない」とか言っているのかもしれません。

でも、この衣類の量だと、目の悪い義母には全く自分で管理できません。
本当に着る衣類だけにしたら、着替えも衣替えももっと楽にできると思うのですが。

着ていない服を勝手に処分するわけにもいかないし、
義母にまた着る着ないを聞くのも、すごく根気のいる作業なので躊躇してしまいます。

でも、いつかは義母の衣類をもう一度見直さないと。


次にチェストの引き出しを整理しました。

1段目
引き出し1段目
ここは下着の引き出しです。
パンツ、シャツ、靴下など種類別に縦に並べました。
でも、すぐぐちゃぐちゃになるのですが。

2段目
引き出し2段目
ここは、パジャマとズボンの引き出しです。
左がパジャマの上、中央がパジャマのズボン、左が外出用のズボンです。
先ほども書きましたが、ここの引き出し、全然使っている様子はありません。

3段目
引き出し3段目
ここには、季節外のシャツやセーターなど入れていたのですが、
ぐちゃぐちゃになるので、クローゼットのハンガーにかけました。

一枚だけセーターが入っていますが、
これは秋用のセーターです。
義母が自分で散歩途中のクリーニング屋さんに出しました。
秋に着た服は、これだけだったそうです。
ビニールを外そうと思ったのですが、
義母がクリーニングに出したかどうかわからなくなるかもしれないので、
そのままにしておきました。

今回処分したのは、靴下だけです。
処分
大きな穴が開いていたり、かかとが薄くなったりしていました。
靴下もなぜか増えています。買ったのに履かないのもたくさんあります。


衣類の整理が終わったところで、
小物などを置いている3段ボックスを片付けました。
3段ボックス片付け
義母が使うものだけを置くようにしていますが、
いつのまにかモノが増えています。

自分で要不要を判断してくれたらいいのですが、難しいようです。
もらってきたものを何でもそこに突っ込んでいます。
モノを全部出して、拭き掃除して、
使わないものは、別の場所に移動しました。

シーツやタオルケット、カバーも前日までに洗いました。
掃除終了

最後に娘とベッドメーキングをして、掃除終了しました。
ちょっとすっきりしました。
スポンサーサイト

テーマ:+++掃除・収納・捨てる+++ - ジャンル:結婚・家庭生活

義母の部屋の掃除 2009年10月12日(月)

3連休、終わりましたね。

昨日は朝から天気もよく、
何かしなければボーっと終わりそうと思って、
義母の部屋の掃除と娘の衣類の衣替えをしました。

今回は義母の部屋の記事です。

実は・・・義母の部屋、10月に入ってからは、
たまに掃除機をかけるくらいしかしていませんでした(汗)

今までは毎朝義母が朝食中に、
ベッドの上とか掃除していたんですけど、
ここ最近、部屋に入るのがものすごく億劫に感じてしまって・・・。

でも、いつまでもそんなこと言っているわけにはいきません。
放っておいたら、部屋はどんどん汚れていきますし、
結局汚れを溜めて最後にしんどい思いをするのは自分ですし。

「よーし、やるぞー!!」と気合を入れました。

掃除は、義母がデイサービスに行ったあとにはじめました。

はじめにベッドの掃除。

久しぶりだったので、ベッドの上にはお菓子のかけらとか包み紙の切れ端とか
髪の毛とか細かいゴミがいっぱいでした・・・。

枕に巻いてあるバスタオルはずれてぐちゃぐちゃですし。
よくこんなしわくちゃなところに頭を置いて寝ていられるなぁなんて感心したり・・・。

やっぱり毎日掃除しないとなぁと思いながら、
布団や枕を干してから、
ベッドの上を小ほうきで掃きました。
そしてシーツを外して洗濯しました。
パジャマも同じのをずっと着続けていたので、
久しぶりに洗いました。

ベッドの掃除
マットレスも立てて風を通しました。

ベッドのゴミが床に散乱してしまったので、
床に掃除機をかけました。


次は、衣類です。
と言っても今回はハンガーを交換しただけです。

私のクローゼットのハンガーを買いかえたので
以前使っていた無印のハンガーが余っていました。
処分するのももったいないなと思っていたので、
義母のクローゼットで使用することにしました。

義母のクローゼットの一部です。
ハンガー交換前
↓ 交換後
ハンガー交換後
カーディガンのハンガーを無印のに変えました。
私の使っていたハンガー、
義母のカーディガンをかけるだけで終わりました。
(私はカーディガン一枚もないんですが・・・。)

ハンガー交換後、
パイプハンガーの服はどうしようかなと思ってみてみたら、
見覚えのない服がかかっていました。
パイプハンガーの服


この服、どうしたのかなぁと思って、取り出してみたら、
まだタグがついたままでした。
見覚えのないTシャツ




で、タグを見たら、
値札
「12800円」 という値札が。
「ひぇ~」と思わず声が出ました。

生地を触ってみると、薄いペラペラです。
「この値段だし、シルクか何かなのかな」と思って
素材をチェックしたら、「レーヨン」。



話がそれますが、

おととい買い物に行って、
Tシャツを2枚買いました。

値段の話をするのは恥ずかしいのですが、
1枚2100円のVネックのTシャツが、
2枚で2900円と値下がりしていたのです。

Vネックで、半袖で、生地がしっかりしたTシャツが欲しかったんです。
でも、買いそびれて、店はとっくに秋冬物。
だから半袖は来年買おうと思っていたのですが、
偶然好みのものを見つけて、値段も下がっているし、うれしくなって買いました。


で、そのあと、いろいろエピソードがありまして。
そのエピソードを夜、主人に話したら、
主人は、その話よりTシャツの値段に反応しまして、

「Tシャツ2枚に2900円も出すなんて信じられない!!」と
思いっきりあきれた顔で言われたんですよ・・・。

いや、別に怒られたわけではないんですけどね。
でも、正直、自分でお金かせぎたいと思いました。


どんどん話がそれそうなので、戻しますね。


2枚2900円のTシャツで、文句言われたので、
じゃあ、この義母の12800円のシャツはどう思うのかな、と思って、

ゲームをしていた主人のところに持っていって、
「ねぇ、この服の値札見てよ。」と見せたら、
主人は値札を見て「ハハハ・・・」とちょっと苦笑いだけして、
またゲームを始めました。

反応が少なくて、ぜんぜんおもしろくありません。
うーん、なんだか悔しいなぁ。

まぁ、以前から義母は高い服ばかり買っていましたから、
今更驚くこともないんでしょうけどね。




そのあと、チェストの上や棚の拭き掃除をしました。

3段ボックスの上に、たくさんのポーチが入った紙袋が置きっぱなしでした。
で、ふと中を見たら、レシートが一枚入っていました。

「12800円・・・あの服のレシートだ。」

買った日付を見たら、今年の8月15日。
親戚の家に預かってもらったときです。

車で買い物に連れて行ってもらったんでしょうね。
義母は以前はそこの百貨店で服を買うのが唯一の楽しみだったので。




でも、買ってから約2ヶ月、値札つけてそのままなんて。
こんな薄い服、今着ないと冬はもう無理でしょうに。

それに、デイサービス以外は外出しないのに、
この高級な服(に見えないけど)、どこに着ていくのかなぁ。

私が気にすることでもないか・・・。
でも気になってしまう・・・。ああ


チェストの中の服も片付けようかなと思って、
引き出しを開けたんですが、
あまりにもぐちゃぐちゃでやる気が失せたので、
見なかったことにして閉めました・・・。



そして、義母がデイサービスから帰ってくる前に、
娘といっしょにベッドメーキングをしました。

ベッドメーキング

タオルシーツを綿毛布のシーツに替えました。
しばらく掃除していなかったので、スッキリしました。

これからはやっぱり毎日掃除しようと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ←ブログ村ランキング、クリックしていただけるとうれしいです。
   

テーマ:+++掃除・収納・捨てる+++ - ジャンル:結婚・家庭生活

義母の部屋の整理と掃除 2009年8月20日(木)

また更新が滞ってしまいました。

連休中はのんびり過ごしています。
でも、暇があるのに、この記事なかなか進みませんでした。
写真も適当にしか撮っていないし、書いていると、気づいたら愚痴だらけになっていて、
書いては消し、書いては消し・・・。
義母のことを考えると、自分の心の醜い部分が出てきます。嫌になります。

でも、いつまでも時期外れの記事を書いているのも情けないですよね。
早く書かないと。
10月からは、リアルタイムの記事が書けるようにしたいです。
コメント欄も閉じていて本当にごめんなさい。



前置きが長くてすみません。

これは8月の整理の記事です。

主人の夏休みを取っている間(8月13日~23日まで)
義母を親戚の家(元自分の家です)に預かってもらいました。

毎年お盆とお正月の期間に預かってもらっています。とても助かります。
で、その間に義母の部屋を大掃除したり、衣類や物の整理をしています。

今回の主人の休みの後半には、旅行やイベントなどいろいろ用事が入っていました。
旅行の前には終わらせたいと思っていたのですが、
義母の部屋に入る気になれず、なかなか取り掛かれませんでした。

義母を預けた初日(13日)は、おもいつきで娘のコーナーを整理しました。

14日は、家族で一日買い物に出かけてできませんでした。

15日にやっと、やる気を奮い立たせて、取り掛かりました。

まずは義母の使っていた布団を干し、
マットを立てかけ、シーツ類をすべて洗濯し、
クローゼットの上段の棚のモノを出して、拭き掃除しました。

でも、そこまででやる気はなくなりました・・・。
やろうと思えばもっとできたんですけど。

16日朝からは旅行に行って、18日夜に帰宅、
19日は空いていたのですが、旅行の荷物を片付けた後は
疲れてボーっと過ごしてしまいました。

20日はお友だちと会う予定だったのですが、突然キャンセルになって空きました。
21、22日は朝から夕まで出かける予定が入っていました。
なので、この日(20日)しかないと思って、やっと重い腰を上げました。

クローゼットとチェストの衣類の整理です。

衣類の整理の前に、まずカーテンを洗い、窓を拭きました。
介護ベッドも拭きました。

そして、クローゼットの衣類をベランダに干しました。
クローゼットの衣類

チェストの衣類も全部出しました。
チェスとの衣類

クローゼットの中を拭き掃除しました。
クローゼット

チェストの引き出しも全部拭き、しばらく開けて乾燥させてから、包装紙を敷きました。
チェスト

そのあと、冬のコートやジャケット、ブラウスなどはすべて、
クローゼットのハンガーにかけました。
小さいクローゼットなので、キュウキュウでした。

下着、靴下やパジャマ、ズボン、セーター、タオル、ハンカチなどの小物は
たたんで、チェストの引き出しにしまいました。

クローゼットとチェストのビフォーアフターの写真、探したんですが、撮っていませんでした。
でも、だいたい去年と同じです。

パイプハンガー
クローゼットの前にパイプハンガーを置いて、今の季節に着る服をかけています。
夏に着るであろう半袖の服だけかけておきました。

ここに冬の毛皮のコートやセーターなどもたくさんかかっていました。
ホコリをかぶっていたので、ブラシをかけ、クローゼットに収めました。

義母が親戚の家から帰るとまた衣類が増えると思うので、
空のハンガーをたくさんかけておきました。

できれば、ここは今の季節に着る服、クローゼットは季節外の服と入れ替えてほしいです。
でも、義母はクローゼットから取り出したら、ずっとこのパイプハンガーにかけっぱなしです。

ここまでで整理は終わりです。

その後、義母が帰宅する日(23日)にベッドメーキングをしました。
ベッドメーキング
すっきりしたのですが、午後一番に義母が戻ってきて、すぐにここは散らかりました・・・。


 ♪ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
     ↑          
お時間がありましたら、クリックしていただけるとうれしいです。

 以下はただの愚痴です。

続きを読む»

テーマ:+++掃除・収納・捨てる+++ - ジャンル:結婚・家庭生活

義母の小引き出しの整理 2009年4月10日(金)

何ヶ月も前の記録ばかりでごめんなさい。

4月に義母用の小引き出しを整理しました。

義母用の引き出しは、リビングの電話台の下の棚に置いていました。
義母が使う筆記用具とか親戚や友人の電話番号を書いたメモなどを入れていました。
以前はたまに電話をかけるのに使ったり、
自分で中を片付けようと試みて?いたこともあるのですが、
ここ数年は触っているのをみたことがありません。

で、この日、思いつきで整理を始めました。
義母の引き出し
中はぐちゃぐちゃです。
適当になんでもつっこんでそのままなんですよね。

全て出してみました。
全て出す
ほとんどが紙類でした。
義母宛に届いた宅配便の伝票、写真、手紙など。

すべて確認しましたが、要らないものばかりでした。

残したもの
残したのは、写真と、親戚の子から届いたお礼のはがきと親戚からの手紙(思い出物)
眼鏡(使っていないけど)、筆記用具です。

ハガキと手紙は義母の交際ファイルに入れました。
あとの紙はすべてシュレッダーにかけました。

引き出しの中、すっきりしました。
整理終了

使っていない引き出しを、リビングの電話台下という一等地に置くのは
場所がもったいないので、
リビングから義母の部屋に移動しました。


引き出し

今は、ここに義母のラジオ用の替えの乾電池も入れています。
一日中、夜中もラジオを付けっぱなし、電池がすぐになくなるんです。

今までずっと電池が切れたら、電池交換を頼んできていました。
一度「自分でやってみますか?」と聞いたのですが、
「そんなのできないわよ」とやる気がありませんでした。

でも、数ヶ月前、主人が「ここに電池置いておくからこれからは自分でやってくれ」と
言ってこの引き出しに電池をしまいました。

すると、ある日チェストの上に電池が転がっていて、
「これなんですか?」と聞いたら
「あぁ、これは古い電池よ」と言いました。

自分で電池交換したようです。
やったらできるんじゃないですか。

5年間やってあげていたけど、もっと早くから自分でしてもらえばよかったです。

こういうこと、たくさんあるんですよ。
やればできるはずなのに・・・。

 ♪ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
     ↑          
お時間がありましたら、クリックしていただけるとうれしいです。 

テーマ:+++掃除・収納・捨てる+++ - ジャンル:結婚・家庭生活

今日の家事 9月23日(火)

8時起床

朝の家事
  食器洗い
  洗濯、干す
  トイレ掃除

1時就寝

今日は、主人の車で、家族みんなで買い物に行きました。

義母のモノを買うためです。(以下は長文です。すみません。)





少し前のことですが、義母のズボンのゴムが伸びてしまい、
ゴムを入れ替えてほしいと私のところに持ってきました。

でも、ゴムは縫い付けてあるもので、
私の裁縫の技術?では無理そうでした(汗)

なので、義母に「私にはできないから、新しいズボンを買いましょう」と言いました。

義母は「そう。仕方ないわね。」と言いながら、部屋に戻りました。

その翌日、義母はチェストの引き出しをあちこち開けて、何かを探していました。

そして、洗面所で外出のために化粧をしていた私に向かって、部屋から義母が
「ねぇ○○さん(私のこと)、皮のベルト知らない?」と聞いてきました。

私はドキッとしました。
先月の義母の部屋の整理のとき、吊り戸棚のベルトを捨てたような・・・

ベルトは2本あったのですが、1つは劣化していて、
そのついでに両方捨てたのか、記憶はあいまいでした。

今探して、もしなかったら困るし
まさか、捨てたとは言えないし・・・


で、聞こえないふりをして、その日は義母を避けて過ごしました(汗)





その翌日、義母がデイサービスに行ったあと、おそるおそる吊り戸棚を開けました。





ドキドキしながら、カゴの中を見ると、

ベルト(先月の整理の時の写真です)

ベルトが入っていました(ホッ)

コサージュと同じところに入れてありました。
捨てたのは、1つだけだったようです。

どうせ義母は自分でベルトをしめられないのでいらないだろうと思って
劣化したベルトといっしょに捨てたような気がしていたので、
見つけて本当に安堵しました。




そして、チェストの上にそのベルトを置いておきました。

翌日、義母はミニデイだったのですが、
雨のため、私が送りました。
傘をさしていっしょに歩いているとき、
義母に「ベルト、出しておいてくれてありがとうね」と言われました。

私が「自分でベルトできるんですか?」と聞いたら、
「今してるわよ。」と言いました。


ベルトを出しても、自分でしめられないのでは、と思ったけれど、
ちゃんと使っていたので、出しておいてよかったと思いました。

それにしても、4年間使わなかったものを、
今頃になって探すようになるとは
思いもしませんでした。

これだから、人の持ち物の整理は怖いんですよね。



話が長くなりましたが、
この件もあって、ズボンを買い足すために
今日、義母を連れて、家族みんなで買い物に行きました。

ちょっと遠い車でしか行けない大型スーパーです。

大きいスーパーでも、
ゴムのズボンは少なくて、選ぶほどもなく、
その中から2本試着したら
サイズもぴったりで、すぐに決まりました。

ズボンを買ったあと、
「他に要る物は?」と主人が聞いたら、
義母は、「ポシェットと靴」と言いました。

ポシェットは、いつも外出のときに貴重品を入れて持ち歩いているものです。
だいぶ使い込んで、ポケットが破れていました。

その時、ふと思い出しました。
先月義母の部屋を整理したとき、
クローゼットの奥に同じようなポシェットがあったのです。

それで義母に「もう1つ家にポシェットがありますけど」と言いました。

すると義母は「あれも壊れているのよ」と言いました。

それを聞いた主人が、「壊れているんだったら、そんなの捨てろよ」と怒ったように言いました。

すると義母は「だって、あれはシルクだから・・・」と言ったので、
主人は「何言ってんだよ。使えないもの残してどうすんだよ」とまた怒ったように言いました。

私は、ただの布のポシェットだと思っていたのですが、
今使っているのも、クローゼットに入っていたのもシルクだったんだと初めて知りました。


で、カバン売り場に行き、ポシェットを探しました。

スーパーなので、義母の好きそうな高級な小さいポシェットはありません。
(義母は今まで百貨店で買っていたので・・・)

でも、とりあえず義母が使いやすそうな
軽くて手ごろな大きさのものがあり
それを買うことに決めました。

それは、グレーと黒の2種類ありました。
で、義母に「どちらがいいですか?」と聞いたら、
義母は「両方買うわ」と答えました。
それを聞いた主人は、「何言ってんだよ。1つで充分だ」とまた怒り、
義母は苦笑いしながら、「じぁあ、グレーでいいわよ」と諦めました。

その後、介護靴のコーナーで靴を買い、
娘の遠足用の水筒と下着を買ってから帰りました。

めったに行けないスーパーなので、
本当は私もいろいろ雑貨や衣料品など見たかったのですが・・・。
主人と車椅子に乗っている義母がじっと待っていると
ゆっくりみることもできず・・・。

でも、必要なものだけしか買わなかったので、
余計なお金も使わず、それはそれでよかったのかもしれません。



翌日、義母は新しいズボンとカバンと靴でデイサービスに行きました。、
デイサービスでは、みんなにステキねぇと褒められたらしいです。

帰ってから、義母は「このポシェット、使いやすくていいわよ」とにこにこしながら言っていました。
義母の好きな高いものではなかったのですが、
新しいものを身につけると、やはりうれしいものなのですね。


ただ、今まで使っていたゴムの伸びたズボン、壊れたポシェット、穴のあいた靴は
捨ててもいいのか、ちょっと悩んでいます。

♪ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ人気ブログランキング インテリア 雑貨へ
     ↑          ↑
お時間がありましたら、クリックしていただけるとうれしいです。

テーマ:頑張れ!主婦!! - ジャンル:結婚・家庭生活

義母の部屋の整理 その4 2008年8月20日(水)

8月にした義母の部屋の整理の記事の続きです。

窓、ベッド、三段ボックス、クローゼット、吊り戸棚の順に整理や掃除をしました。

一日で全部終わらせるつもりだったのですが、
吊り戸棚で苦戦して、チェストは翌日に回しました。

翌朝すぐに取り掛かれるように、
前日の夜に引き出しの中のものをすべて出し、
雑巾で拭いて、引き出しを少し開けて乾燥させておきました。
チェスト

パイプハンガーにかかっていた冬のセーターなども外しました。
夏のセーターやブラウスは、まだ着るのでそのまま掛けておきました。

そして、チェストの衣類とパイプハンガーの衣類を
ベッドの上に積み上げて、この日は寝ました。
チェストとパイプハンガーの衣類


話がそれてしまうのですが、

今年の6月おわりごろ、
義母に、「クリーニングに出す冬服をクローゼットのカゴに入れてくださいね」とお願いしました。

そして、しばらくして、カゴに入っていたのは、この4枚でした。
クリーニングした冬服

これだけ?と思って、
「他のセーターは、クリーニングしなくていいんですか?」と聞いたら、
「他のは着てないからいいわよ」と言われました。

4枚しか着ないんだったら、残りは不要なのでは・・・
あんなにたくさんセーターいらないでしょ・・・
と思ったけど、それは言いませんでした。

で、その冬に一度も着なかった冬物のセーターは、
真夏になってもパイプハンガーに掛けっぱなしで、
チェストにしまってはくれませんでした。

自分で衣替えをしてもらうのは難しいです。
もう諦めたほうがいいのでしょうか・・・。

もっと服を減らせば、衣替えも必要ないんですけどね。
(去年減らしたのに、なぜかまた微妙に増えているんです。)



話を片付けの方に戻します。

翌朝、起きたら早速片付けに取り掛かりました。

義母は、以前、「引き出しの底に包装紙を敷かないと」と言っていたので、
物入れにしまっていた包装紙を取り出して、すべての引き出しに敷きました。
引き出しに敷く包装紙
(廊下の物入れに溜めていた包装紙が減ってすっきりしました。)

そして、衣類をひとつひとつたたみながら、チェストにしまっていきました。
あきらかに着ないものやくたびれたものは処分していきました。


右小引き出し 1段目 
   ここは、小物を入れる引き出しです。
   一番使いやすい場所なので、義母はここに何でもかんでもつっこんでいます。
Before  
小引出1段目 整理前
↓After
小引出1段目 整理後
帽子、マフラー、スカーフ、手袋、マスク、ポケットティッシュ、ビニール袋、エコバックなど
義母が入れたものは、そのまま入れておきました。



小引き出し 2段目 
    ここは、タオルを入れる引き出しです。
    ハンカチは、下着入れの方に移動しました。
Before
小引出2段目 整理前
↓After
小引出2段目 整理後
タオル、フェイスタオル、バスタオル



小引き出し 3段目 
     ここは、バスタオルを入れていたのですが、
     義母が季節外の下着も適当につっこんだようです。
     バスタオルを上に移動したので、
     ここにはストールを入れました。
Before
小引出3段目 整理前
↓After
小引出3段目 整理後
ストール4枚



小引き出し 4段目 
     ここは、季節外の下着と靴下を入れる場所です。
     3段目に入れられていたものもこちらに移動して、整理しました。
Before
小引出4段目 整理前
↓After
小引出4段目 整理後
冬の靴下と下着



左引き出し 1段目
     ここは、下着と靴下入れです。
     ぐちゃぐちゃでした。(下着なので、写真はぼかしました)
Before
チェスト1段目 整理前
↓After
チェスト1段目 整理後
下着、靴下、ハンカチを見やすいように少しずらして並べました。

     義母は、デイサービスの入浴の時しか下着を着替えません。(週3回です)
     洗濯物は自分で干して、自分で取り込んでもらっているのですが、
     取り込んだ後、引き出しにはしまわず、
     次の日のデイサービスにまた持っていっているみたいです。
     同じものを繰り返し着ているようなので、
     この引き出しの下着は普段ほとんど使っていないようです。


左引き出し 2段目
     ここは、パジャマとズボンを入れています。
     でも、時々セーターなどもつっこまれています。
Before
チェスト2段目 整理前
↓After
チェスト2段目 整理後
パジャマの上着、パジャマのズボン、外出用のズボン

左引き出し 3段目 
     ここは、季節外の上着を入れています。
     親戚の家でクリーニングしてもらった衣類も袋のまま突っ込んでありました。
     夏服も一部はそのまま入っていました。
     これらは、きっとこの夏は着ないと思われます。
     捨てたいけど我慢して、パイプハンガーに掛けました
Before
チェスト3段目 整理前
↓After
チェスト3段目 整理後
秋冬物のセーター、Tシャツ、ブラウス


左引き出し 4段目 
     ここは、換えのシーツを入れる場所なので、義母は使いません。
     なので、ここだけは散らかりません。
     緑のストールは、右側の小引き出しに移動しました。
Before
チェスト4段目 整理前
↓After
チェスト4段目 整理後
ベッドシーツ、防水シーツ、枕を包むタオル



今回のチェストの整理で、以下のものを処分しました。
処分した衣類
ユニクロフリースジャケット(親戚からもらったお古)
アクリルのレッグウォーマー
  (デイサービスのお友だちが買ってきてくれたそうです。
   札を見たら100均で買ったものでした。
   義母は気に入らないようだったので、処分しました)
穴のあいた靴下(縫ってもいいんですけど、他にたくさんあるので・・・)
よれよれになったパンツ
ほつれたタオル
一度も使った形跡のないハンカチ
使っていないティッシュケース
余ったハンガー


義母は素材にこだわります。
私に服を探させるときは、いつも
「カシミアのセーターの下に着るウールのTシャツはどこかしら」
というような聞き方をします。
色や柄で言ってもらわないとわかりません。

以前、「デイサービスに来てる人って、ポリエステルの服着てる人が多いわね」
なんて馬鹿にしたように言ってました。

いただいたものも、素材を聞いてアクリルやポリエステルだったら、
「こんな安物くれて」みたいなことを言います。

買うときも必ず、「これは綿?ウール?」とか素材を確認させます。

冬に一日中首に巻いているスカーフが臭っていたので、
デイサービスに行っている間に手洗いしたら、
「洗ったの?これシルクなのに」と文句を言われました。
クリーニングに出してほしかったみたいです。

普段使うものは洗濯機で洗えるものにしてほしいです。

素材にこだわるのはいいけど、そんなに大事だったら
自分で手入れしてよ、と思います。
せめて、ちゃんときれいにたたんでしまってよ、と思います。

ミンク、皮、シルク、麻、カシミア・・・高級そうなものばかり

以前のことですが、衣類の整理をしていたとき、
義母に「高そうな服ばかりですね。お金たくさん持ってたんですね。」
と言ったら(嫌味のつもりで・・・)、
「お金なんてないわよ。お金がなくても買うのよ。なんとかなるのよ」
となぜかうれしそうに言ってました。
同居前に義母に渡していた仕送り、全部義母の服で消えたようです。
(ちょっとは貯金してるのかと思っていたのに)

あぁ、また愚痴が・・・。


これで衣類の整理は終了しました。
ハンガーパイプ 整理後
義母が親戚の家に持参している衣類もあるので、
帰ってきたら、ここもまたいっぱいになります。

左側のカバンはデイサービス用です。
ビニール袋は、デイサービスに持参するタオルと着替え2セットです。



最後に、洋室に置いていたマットレスや布団を運んで、
ベッドメーキングしました。

義母の部屋 整理終了

これで、義母の部屋の整理が終わりました。

うれしくなって、主人に「キレイになったよ。ちょっと見てよ~」と言いに行ったら、
テレビゲームをしていた主人が、めんどくさそうに義母の部屋に行き、
中にも入らず、入り口からチラッと覗いて
「あーきれいになった。きれいになった」と言って、
またテレビケームをしに戻っていきました。

なんか腹が立ちましたが、そうなるとわかって言った私が馬鹿でした。


見た目はそんなに変わってないので、しょうがないです。
この苦労を知っているのは私だけ。
でも、いいんです。自分が満足すれば。

その日は、何回も何回も部屋を見に行きました。


♪ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ人気ブログランキング インテリア 雑貨へ
     ↑          ↑
お時間がありましたら、クリックしていただけるとうれしいです。

テーマ:+++掃除・収納・捨てる+++ - ジャンル:結婚・家庭生活

義母の部屋の整理 その3 2008年8月19日(火)

義母の部屋の整理の続きです。

クローゼットのあとは、
部屋の天井近くに取り付けてある吊り戸棚の整理をしました。
吊りとだな左
吊りとだな右
棚は全部で4つです。

ここは、脚立などに乗らないと届かない場所です。
椅子に乗って、すべてのものを出し、ベッドの上に置きました。

吊りとだなの中の物

棚を拭いてから、小物の整理にとりかかりました。

カゴの中に入っていた、使用していない仏具を包んでいた新聞紙を開いたら、
平成16年8月21日、4年前のアテネオリンピックの記事でした。
4年前の新聞
4年前の6月、義母がこのマンションに来て、同居が始まりました。

そして、その夏、義母が今回のように親戚宅に帰省している間に、
私がこの吊り戸棚に小物を片付けたのだと思います。



同居初日、義母の荷物は、ダンボールや衣装ケースに
いろんなものがぐちゃぐちゃに押し込まれた状態で届けられました。
衣類がものすごく多かったのですが、
夏服も冬服も関係ない状態でした。

必要なものだけを持ってきてくれるのだと思っていました。

私は、何をどうしていいのやら途方にくれました。

しばらくは毎日、その片付けに追われました。
義母は、その様子をトイレのときなどにチラッと見て、
「お任せするわね」と言って、ベッドに戻り、グーグー寝ていました。

人の持ち物だし、わからないので、その都度義母に聞きにいきました。

でも、聞いても使うのか使わないのかさっぱり要領を得ません。
元々、物を整理するような人ではなかったのだと思います。
(実家の義母の部屋もぐちゃぐちゃでしたし。)

結局、義母は、自分の持ち物を何ひとつ自分で片付けませんでした。



あれから4年、この吊り戸棚の中のものは、
一度も触れないままでした。


なので、今回久しぶりに中に入っているものを見ました。
ほとんど忘れていました。

線香
親戚からいただいた線香です。
香りがきつすぎて、うちでは使えませんでした。
これは、来年の義父のお墓参りに使うことにしました。

ろうそくもあったのですが、仏壇で使えない大きさだったので、
非常用にして、廊下の物入れにしまいました。

使っていない仏具、位牌(作り変えて不要になったもの)は、処分しました。


記念切手
皇太子が結婚されたときの記念切手

これは、家事デスクの切手ハガキファイルに入れました。


カード
なんか見覚えがあるカードだなと思ったら、
同居前、義母の誕生日に、私が現金といっしょに贈ったものでした。
内容を読むとなんだか恥ずかしくなったので、処分させてもらいました。

プレゼントとカード
これは、主人が子どものときに
義母の誕生日にプレゼントしたハンカチとカードでした。
「いつまでも美しく・・・」なんて書いてありました(恥)

ハンカチは、娘が使いたいというので、
洗濯してアイロンをかけてあげました。(孫だから許してくれるかと・・・汗)

カードは、家事デスクの義母の交際ファイルに入れました。

写真
ビニールや封筒に写真がいろいろ入っていました。
数年前の写真の間に、数十年前の主人の子どものときの写真とか、
親戚のものすごく若いときの写真が混じっていました。
まったく秩序がないなぁと思いました。

そういえば、社宅に住んでいたとき、
義母が遊びに来たので、うちのアルバム(娘の写真など)を見せたら、
「コメントくらい書きなさいよ」と言われたのを思い出しました。
そのとき、「きっと、写真の整理もしていないくせに、偉そうに言わないでよ」と心の中で思いました。
やっぱりその通りでした。

数年前の写真は、洋室のアルバムコーナーに置きました。(いつか整理しようと思います)

主人の子どものときの写真は、義母の交際ファイルに入れました。
(ちょうど娘と同じぐらいの歳のときの写真で、顔が娘にそっくりだったので笑えます)


皮の手袋、ベルト
皮の手袋とベルトが入っていました。
ベルトは劣化しているのか、触るとポロポロと黒い粉が落ちてきます。
使えそうもないので処分しました。
(で、あとで、これが冷や汗の出ることになりました)


アクセサリー
義母のアクセサリーです。結構たくさんあります。
4年前、これを片付けていたとき、当時3歳だった娘が、
「わぁー、きれい」と言って、ケースから全部出してしまい、
何がどこに入っていたのかわからなくなりました。

それで、ジッパーつきの小さいビニール袋に、1点ずつ入れました。
それをカゴに入れて、義母にどれが大事なのか確かめてもらおうと渡しました。
そしたら「ひすいの指輪はどれかしら」とか「エメラルドのなんとかは」とか言いながら、
ちらちら見ていましたが、結局どれかわからなくて、
ベッドの上にカゴを置いて、そのまま寝てしまいました。
そして、その後はずっと何日もほったらかしだったので、棚にしまいました。


こんな感じで整理して、今回、残すものは、これだけになりました。
残した物
上の中央の箱には灰皿、ビニール袋には主人の父が使用していた帯が入っています。

灰皿は、どういうものかわからなかったので
主人に聞いたら、こんなの使わないし、捨ててもいいと言いました。

でも、やっぱり勝手に捨てられないので、とりあえず残しました。

主人の父の帯もそのまま残しました。

その右側は、義母の手帳とノートです。
ノートには、親戚の連絡先とか、
私と主人が結婚したときにいただいた親戚からのお祝いの額が書いてありました。
(私たちの結婚パーティーの後、義母が主人側の祝儀袋を全部持って帰りました。
その後、主人が使ってもいいと言ったので、そのまま義母が使ってしまいました。)
内容を見て、親戚から結構な額をもらっていたんだなぁと思いました。

手帳は、同居前の2年分と同居してからの1年分の3冊ありました。
同居前のものには、いろいろメモ書きがありましたが、
同居してからのものは、真っ白でした。

これもそのまま残しました。
きっと二度と使われないのでしょうけど。

義母の手帳を見ながら、
私もいつかこうやって、他人に自分の持ち物を片付けてもらうのだろうなと思いました。

そして、見られて恥ずかしいものは、
元気な今のうちに自分ですべて処分しておきたいと思いました。


以下は処分したものです。
処分した物
ほとんどが紙関係です。
住所メモとか親戚からの連絡の手紙とか必要のないものばかりでした。

手前の大きな封筒は、確定申告の書類です。
義母は実家で美容院をしていました。
最後の確定申告と廃業届けの手続きは私がしました。

この確定申告も、書類が全然整理されていなくて大変でした。
美容院の売り上げは広告の裏(白いもの)にメモ書きですし・・・。
そして、何より、お金の使い方に飽きれました。
やりくりなんてまったくしていないのが丸わかりでした。

確定申告以外にも、無駄な保険の解約、借金の返済など、
いろんな手続きをしました。

もう、この書類は必要ないので処分しました。



これで、吊り戸棚の整理は終了しました。

一番左から
Before
吊りとだな1 整理前
↓After
吊りとだな1 整理後

二番目
Before
吊りとだな2 整理前
↓After
吊りとだな2 整理後

三番目
Before
吊りとだな3 整理前
↓After
吊りとだな3 整理後

一番右
Before
吊りとだな4 整理前
↓After
吊りとだな4 整理後

2つの棚が空になりました。

この戸棚の整理は、義母が生きている間は、もうしないと思います。


いろんなことを思い出しながら、だらだらと整理していたら、
ものすごく時間がかかり、気づいたら夜中になっていました。



最後のチェストの中の整理は翌日になりました。

♪ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ人気ブログランキング インテリア 雑貨へ
     ↑          ↑
お時間がありましたら、クリックしていただけるとうれしいです。

テーマ:+++掃除・収納・捨てる+++ - ジャンル:結婚・家庭生活

義母の部屋の整理 その2 2008年8月19日(火)

義母の部屋の整理の続きです。

三段ボックスの次は、クローゼットの整理をしました。

義母の部屋には、小さいクローゼットがあります。
クローゼット 整理前

上の棚には、めったに使わない大きなものを置いています。

足のマッサージ機、入院していたときに履いていた上靴、
お盆のときに使用するちょうちん(?名前がわかりません)。
冬に使用する電気アンカなどです。
クローゼット上 整理前


パイプには、喪服、スカート、コート、ジャケット、ブラウスなどを掛けています。
クローゼット中 整理前

下には紙袋、クリーニングする衣類を入れるカゴを置いています。
クローゼット下 整理前


義母は衣装持ちなので、この小さいクローゼットだけでは衣類が収まらず、
その手前にパイプハンガーを置いて、普段着る衣類はそちらに掛けています。


掃除をするため、クローゼットの中の衣類を、そのパイプハンガーにすべて移動させました。

クローゼットの拭き掃除


クローゼットの奥には棚がついています。

ここにはバッグやポーチを置いています。

棚のものもすべて取り出し、全体の拭き掃除をしました。


上の段に置いていたものは、すべて処分できないものなので、
ホコリを払ってキレイに拭いてから元に戻しました。
クローゼットの中の物

次に奥の棚に入っていたバッグ類を整理しました。

膨らんでいるポーチがあったので、中を確認したら、これらのものが入っていました。
バッグに入っていた小物
古い印鑑があったので、家事デスクの印鑑入れに入れました。
裁縫セットも、義母は絶対使わないので、洋室の裁縫箱の近くに置きました。
あと、電車の図柄のビニールポーチは高いものでないと思ったので処分しました。
残りはまたポーチにしまいました。

バッグもひとつひとつ点検しました。
バッグ類

コサージュは、吊り戸棚のアクセサリーの場所に移動させることにしました。

グレーの手提げバッグを触ると、何かネバッとしたものが手につきました。
よく見たら、蜘蛛の巣でした。
そういえば、4年前に整理していたとき、
このバッグから大きな蜘蛛が出てきてびっくりしたのを思い出しました。

この奥の棚に入っているバッグや小物は、
義母と同居した4年前に、私が全部片付けました。

それから使われることなく、ほとんどそのままの状態でした。
きっと存在を忘れているか、私が捨てたと思っているのでしょう。

これらのバッグ、使うのかどうか聞こうかとも思ったのですが、やめました。
聞くと、いろいろ腹の立つことになりますので。
あっ、また愚痴になってしまう・・・。


クローゼットに小物を収める
バッグや小物はすべてキレイに拭いて、元に戻しました。

クリーニング用のカゴと紙袋用のファイルボックス
下には、クリーニングするものを入れてもらうカゴと
紙袋を立てておくファイルボックスを置きました。

ここに置いてある紙袋は、義母が親戚の家に泊まりに行くときに使います。
私は一切荷物の準備を手伝いません。(冷たい嫁です・・・)
義母がここの紙袋に、自分で着替えや洗面道具などを入れて用意しています。

帰宅してからも、自分で片付けてもらっています。
と言っても、紙袋に入ったまま、何日も置きっぱなしのことが多いです。
私が片付けた方が早いのですが、
一度手伝うと、やってもらえると思ってやらなくなるので、
我慢しています。




クローゼットに上着をしまう
パイプハンガーに移動させていた衣類を、ホコリを払ってから、クローゼットに戻しました。


衣類は昨年の10月に整理しましたが、
その後、夏の衣替えは一切手伝いませんでした。

夏服は、自分でチェストの引き出しから引っ張り出していましたが、
真冬のコートやセーターもそのままパイプハンガーに出しっぱなしでした。

なので、パイプハンガーには、夏も冬も関係ないごちゃごちゃな状態でした。

今回の整理では、真冬の毛皮のコートやジャケットもブラシをかけて、
きちんとしたハンガーにかけかえて、クローゼットにしまいました。


これで、クローゼットの整理は終わりました。
↓After
クローゼット 整理後

次は、吊り戸棚の整理をしました。

♪ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ人気ブログランキング インテリア 雑貨へ
     ↑          ↑
お時間がありましたら、クリックしていただけるとうれしいです。

テーマ:+++掃除・収納・捨てる+++ - ジャンル:結婚・家庭生活

義母の部屋の整理  その1  2008年8月19日(火)

更新がかなり遅くなりました。
先月、義母を親戚宅(義母が元住んでいた家)に預けている間に
義母の部屋の大掃除と整理をしました。

整理には2日かかりました。
長い記事なので、何回かに分けて書きたいと思います。

義母の部屋は5畳の洋室です。
そこに介護ベッド、三段ボックス、チェスト、ハンガーパイプを置いています。
小さいクローゼットがひとつついています。

狭いのですが、南側のベランダに面していて、
風通しや日当たりはとてもいいです。
そして、部屋のすぐ隣にトイレもあります。

義母は、デイサービスと食事の時間以外のほとんどを
このベッドの上で寝て過ごしています。
時々寝ながらお菓子や果物を食べています。
ベッドの上はいつもゴミだらけ・・・
せめて座って食べてほしいです。
寝たきりじゃないんだから。

あっ、愚痴になってしまった・・・


義母が帰省した翌日の16日、義母の掛け布団、枕を干し、
タオルケットや掛けカバー、シーツなどを洗濯しました。
マットレスは、このように立てて、風を通しておきました。
義母の部屋

なかなかやる気がおきなかったのですが、旅行もせまっていたので、
19日の朝、ようやく取り掛かりました。

マットレスや布団を隣の洋室に移動させ、
カーテンを外し、洗濯している間に窓、網戸、サッシを雑巾で拭きました。
介護ベッドもホコリが溜まっていたので、全体を雑巾で拭きました。
構造が複雑なので、拭くのも大変でした。
ベッドの掃除
ついでに扇風機も拭きました。

ベッドの枕元の方に三段ボックスがあります。
これは私が独身時代から使っていたものです。
ここに、掃除道具や布団干し用具の他
義母が使う衛生用品などを置いています。
三段ボックス 整理前

中のものをすべて出して、ボックスを拭きました。
三段ボックスの拭き掃除

三段ボックス以外に、
チェストの上に置いてあった小物も出しました。
三段ボックスとチェストの上の小物

ひとつひとつの小物のホコリを払い、
要不要を判断しながら整理していきました。

化粧ポーチの中も確認しました。

同居してから一度も化粧をしているのを見たことがありません。
2年ほど前、結婚式にも出たのですが、すっぴんでした。

たぶん、二度とこれらの化粧品は使われないだろうと思います。
でも、勝手に処分できないので、中を整理して、一応取っておきました。
化粧品
白い箱に入っているのは、化粧水や美容液です。
未開封でしたが、5年以上前のものです。
高級なものでしょうが、きっと消費期限を過ぎていると思います。

でも一応、義母が帰宅してから、使うかどうか聞きました。
そしたら、懐かしそうに中を確かめながら「使うわよ」と言いました。
でも、あれから3週間たちましたが、棚に置きっぱなしです。

掃除道具をかける
ボックスの横に粘着フックを取り付け、
ベッド掃除用の小ほうきとコロコロテープを引っ掛けました。

これで、三段ボックスの整理は終わりました。
Before
三段ボックス 整理前
↓After
三段ボックス 整理後

次は、クローゼットの小物を整理しました。

♪ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ人気ブログランキング インテリア 雑貨へ
     ↑          ↑
お時間がありましたら、クリックしていただけるとうれしいです。

テーマ:+++掃除・収納・捨てる+++ - ジャンル:結婚・家庭生活

義母の衣類の衣替え&整理 10月21日(日)

日曜日の午前中、義母の衣類の衣替えをしました。

義母は全くの無趣味です。
唯一の楽しみは洋服を買うことでした。
病気(脳梗塞)になる以前は、いつも高島屋で服を買っていました。

同居するとき、義母の荷物のほとんどが衣類でした。
大量の服がぐちゃぐちゃに入っていました。
それらの大量の衣類を、私がすべて整理することになりました。
義母は「おまかせするわね」と言いながら、毎日グーグー寝ていました。

それ以来、季節が変わるたびに大量の衣替えにうんざりしていました。

何をしまって何を出せばいいのか、さっぱりわからないのです。
義母に「今まで衣替えどうしていたのですか?」と聞くと
「今までは衣替えしなくても全部服が入ったのよ」と言いました。
(同居前の家で、義母はクローゼット2つと整理ダンス2つを一人で使っていたのです。
だから、次々と服を買っても、それまでの服は捨てなくても入り、
どんどん増えていく一方だったようです。)

デイサービスぐらいしか外出もしないのに、
こんなに服は要らないはずです。

こんな大変なことを毎年毎年延々やるのは嫌だと思い、
昨年の夏、義母が親戚の家に3週間滞在している間に
義母の衣類をすべて出し、徹底的に整理しました。

目標は、義母が自分で衣替えをすることでした。

目の悪い義母が自分でするためには、
衣類を自分で把握できる量に減らすしかありません。

でも義母の服は勝手に捨てられません。
なので、この先着ないだろうと思われるスーツなどの服は、押入れにしまいました。
そして、残った服を義母が帰ってきてから、
毎日毎日少しずついるのかどうか判断してもらいました。
(相当の根気がいりました。)

引き出しはまだぎゅうぎゅうでしたが、
なんとか部屋に収まる量になりました。

その後、昨年の冬の衣替えは義母が入院して体力が衰えてしまったため、私がしました。
(あの時は義母の着ていた夏服を一覧表にして、毎日チェックしていたので、
どの服を洗濯するかもわかりました)
でも私も幼稚園の役員の作業で、ものすごく忙しくなり、
義母の着ている冬服のチェックはできませんでした。

そして、今年の夏の衣替えをやっと義母にしてもらうことにしました。
クリーニングに出す服や洗濯する服を出してもらい、
チェストの引き出しの夏服と、ハンガーパイプにかかった冬服を入れ替える作業です。

結果的には、冬服も出しっぱなしのがあるし、夏服も一部は引き出しに入ったままだし、
中途半端でしたが、私は一切手伝いませんでした。

そして、夏が終わり、今回の衣替えです。
また自分でやってもらおうかと思ったのですが、
この際、もう少し整理してもらおうと思い、いっしょにすることにしました。

まず、クローゼットの中のものから始めました。
ここには、喪服(夏冬2セット)とコート、ジャケット、ブラウスをかけています。
ここは基本的には衣替えをしません。
最近寒くなってきて、義母は自分でここからジャケットを取り出していました。
今回処分するものはありませんでした。
義母のクローゼット 


クローゼットの手前にハンガーパイプを置いています。
ここに現在の季節の上着(Tシャツやセーター)をかけています。

今年の夏に来た服は、先月の終わりに義母が自ら洗濯かごに入れていました。
今回、ここにかかっていた夏服もひとつずつ見せながら、
義母にいるかいらないか判断してもらいました。
そして、たたんで引き出ししまうものと処分するものを別にしました。

最後に冬服をハンガーにかけました。
義母の冬服


季節外の服と、下着、パジャマはチェストに入れています。
すべてテプラで内容を表示したのですが、義母の目では読めないらしいです。
(でもいつかヘルパーさんなどのお世話になるかもしれないので、表示は残しておきました)
義母のチェスト


1段目は下着です。ここは義母に完全に任せます。

2段目はパジャマと外出用のズボンです。
ここに入っていたズボンはほとんどいらないと言いました。
やせたのでサイズが合わなくなったりしたためです。
ズボンを買ったほうがよさそうです。

パジャマはズボンのゴムが全部伸びていたため、
ゴムを入れ替えることにしました。
パジャマも買わないといけないようです。
(たくさん服があるのに、こういう一番必要なものが足りないのです。)
義母のパジャマの引き出し


3段目は季節外のシャツやセーターです。
この夏、ここから取り出すことのなかった夏服をどうするのか義母に聞きました。
すると「そうね。もういらないわね」と言って、一応確認して2枚残し、
後はすべて処分していいと言ってくれました。

義母も3年半ここで暮らして、何が必要なのか少し見えてきたのでしょうか。

そして、残った夏服を入れたらこれだけでした。
義母の季節外の引き出し


今回これだけの服を処分することになりました。
義母が要らないと言った服

残った義母の衣類は38点になりました。

義母は新しい服がほしいようです。
主人が言うには、義母は服を買うとき目がきらきらと輝いているそうです。
これだけ減らしてくれたら、買ってもいいかなと思いました。
(でも買いすぎないようにしてほしいです)


↓クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 家族ブログ 家事へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

よろしくお願いいたします。

テーマ:+++掃除・収納・捨てる+++ - ジャンル:結婚・家庭生活

プロフィール

Hikobe

Author:Hikobe
家族構成
 私(パート主婦)
 夫(会社員)
 娘(高校1年生)
 義母(要介護1)
 犬  1匹

4LDKのマンション暮らしです。

目指しているのは無理無駄のない
シンプルかつ丁寧な家事です。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村へ

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
コメントありがとうございます。
 リンク
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon商品一覧【カテゴリ別】
シンプル家事のおすすめ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。