スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和室押入れの掃除 2008年5月7日(水)

連休が明け、
7時前に主人が会社、
8時前に娘が学校、
9時前に義母がデイサービスに行きました。

やっと、朝ひとりになれました。

外は快晴です。

それで、冬物の片付けの前に、
和室の押入れの掃除をすることにしました。

主人と娘と私は、リビング隣の和室で布団を敷いて寝ています。
和室


以前は、敷きっぱなしのことも多かったのですが(汗)
このブログを始めてからは、毎朝押し入れにしまうようになりました。
押入れ右掃除前1
娘と主人が、
暑いので羽毛布団はもう使わないと言ったので、
左側に羽毛布団を2枚無理やり押し込んでいます。

今日はこれも片付けることにしました。

10時ごろから始めました。

まずは、すべての布団類を干しました。
カバーは洗濯しました。
布団干し
羽毛布団、タオルケット

布団干し2
敷布団(ペッタンコのせんべい布団ですね)、枕

そして、上段のものをすべて出しました。
ここは、昨年の6月に掃除と整理をしました。
押入れ上段のもの
今年の未使用のカレンダーがありますが、
使う予定がないので、処分しようと思います。

それ以外は、処分するものはありませんでした。
毎年定期的に片付けていると、だんだん整理も楽になるのだなぁと思いました。

空になった押入れを掃除しました。
押入れ上段

思ったほどホコリはありませんでした。
確か今年に入って一度掃除機をかけたような気がします。
上段のホコリ

マキタの掃除機でホコリを吸い取り、
掃除機かけ

半乾き雑巾で、全体を拭きました。
雑巾がけ
結構汚れていました。

衣装ケースなどもすべて水拭きし、
しばらく乾燥させた後、物を戻していきました。
上段戻す左


上段が終わってから、下段の物をすべて出しました。(ピンボケになってしまいました・・・)
押入れ下段のもの

下段はほとんど衣装ケースです。

昨年、衣装ケースの中は整理したのですが、
衣装ケースを取り出しての掃除はしませんでした。
なので、ここは1年以上掃除していません・・・。

取り出してみると、すのこもホコリだらけ、
押入れ下段 すのこのホコリ

中のホコリもすごかったです。
押入れ下段のホコリ

よーく見ると、しみのようなものもありました。
カビだったら嫌だなぁと思って、掃除のあと、
アルコールスプレーを吹きかけました。
押入れ下段 しみ
やっぱり年に1~2回は掃除しないとこわいですね。
これからは、衣替えの頃に定期的に掃除するようにしようと思います。

その後は、衣装ケースをすべて水拭きしました。

しばらく押入れの中を乾燥させるため、
12時30分ごろに一旦休憩に入りました。

休憩が長すぎて、午後娘がお友だちを2人連れて帰ってきてしまいました・・・。
仕方がないので、主人の部屋で遊んでもらいました。

14時ごろ、衣装ケースを元に戻していきました。

そして、干していた布団をすべて取り込みました。

主人と娘の羽毛布団は、夏の間使わないので、
羽毛布団収納袋にしまいました。
(私は夏も羽毛布団を使っています。)

羽毛布団はすごくかさばりますね。
羽毛布団をしまう2

たたんで、バンドで固定して、
羽毛布団をしまう5

ファスナーをしめて小さくしました。
羽毛布団をしまう6


布団をすべてしまいこみ、
たたみに掃除機をかけて、半乾き雑巾で拭き、
掃除は終了しました。

右側 Before
押入れ右掃除前2

右側 ↓After
押入れ右掃除後
上段左 衣装ケース(換えシーツとカバー)、予備の敷布団、羽毛布団
上段右 普段使用している布団と枕 
      (カバーをもっとシンプルな色に買いかえたいです)

下段 衣装ケース 1 義母の着ないけど捨てられない衣類
            2 義母の使わないけど捨てられない小物類
            3 リビングの椅子足ソックス予備、防虫剤予備、蚊取マット、湯たんぽ
            4 私の予備の衣類ケース(処分を検討中のもの)
            5 主人の予備の衣類ケース(季節外のシャツ類と予備の新品靴下や下着)
            6 袢纏(主人と私のもの)
            7 娘の予備の衣類ケース(ドレス、ゆかた)
            8 予備のタオル(フェイスタオル、タオル、バスタオル)
    衣装ケースの上
        娘の上靴(2足あるので毎週交互に履いてます。
           もし夜中に地震が起こったら、靴を履いて逃げられるようにここに置いてます)
        小さい洗面器(夜中に娘が嘔吐したとき、すぐに使えるようにここに置いてます)


左側 Before
押入れ左掃除前

左側 ↓After
押入れ左掃除後
上段 ピンクのケース(窓拭き用のタオル2枚・・・冬は結露がひどいので)
    衣装ケース(タオルケット、クッション、ラグマット)
    未使用の毛布4枚(防災用にしようかと思っています)

下段 おもちゃ箱2つ 奥に石油ファンヒーター
    衣装ケース上  
      布小物、ポーチ類、いただいたけれど今は使う予定のない新品小物など
    衣装ケース下  
      手作りに使用する布や毛糸(手作りしませんが・・・)

     ↑この2つの衣装ケースの中はぐちゃぐちゃだったので、整理しないといけません。


写真を撮っていたら、娘の友だちに見つかり、
「なんで写真なんか撮ってるの?」とたずねられました(汗)
普通なら、こんな場所の写真は撮りませんよね。
返答に困りました。。。


これで、冬物も気持ちよくしまえそうです。

♪ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへbanner2.gif

     ↑          ↑
お時間がありましたら、クリックしていただけるとうれしいです。 
スポンサーサイト

テーマ:+++掃除・収納・捨てる+++ - ジャンル:結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

Hikobeさん こんにちは。

押入、とてもきちんと整理されていますね!
それに出して掃除をしやすい収納になっているのですね!引出式の衣装ケースは使いやすそうです。

それに防災のことも念頭に入っていて、さすがですね。最近は地震が多いので、私も何とかした方がいいなと思いました。靴も寝室にあるといいのですね。

やまももさん、こんにちは。

押入れは奥行きが深いので、
前後に物を入れると、
奥の物が必ず死蔵品になりますね。
引き出しは奥の物も出せるので便利です。

ただ、うちの押入れは、下段に立ち上がりがあって、
キャスターつきの物が使えないのです。
キャスターがつけられたら、
掃除がもっと楽になるだろうなと思います。

最近、本当に地震が多いですね。
先日も夜中に結構揺れました。
大地震が来そうで怖いですね。

押入れに娘の上靴を置いていますが、
スリッパも枕元の方に置いてあります。

でも大地震が起きると、全部飛んでいって
どこに何があるのかわからなくなるそうです。
大地震を経験した人が、
飛ばないようにスリッパを毎日布団の下に敷いて寝ているという話を以前ネットで読みました。

そこまではしていないのですが、
いろいろ配慮しておいたほうがいいかもしれませんよね。
私も阪神大震災を経験したのですが、
職場の食器棚が倒れて、
食器が割れて部屋中に散乱して、
歩ける状態ではありませんでした。
緊急時、履物は必需品かなと思いました。

hikobeさんおはようございます。
お休みの朝にブログを開けています。

押入れの整理と掃除、
とっても興味深くみせていただきました。
お疲れです。
きれいに管理されていて
いつもながら脱帽です。

金子さんの本、やはりよく読んでおられるのですね。
私も「持たないくらし」でしたっけ、
あの本の考えかたがとても好きです。

このところ、
仕事がタイヘンなので、
ストレス倍増です。
そんなとき、家がちらかっていると
とんでもないことになるので、
極力片付けるようにしています。、
(あ、表面だけです)

はなじょなさん、こんにちは。

押入れの中は、去年整理したので、
掃除もだいぶ楽になりました。
でも、もっと減らしてスカスカにしたいと思っているのですが、
なかなか難しいです。

はなじょなさんも「持たないくらし」
気に入られたのですか。
物が少なくても、充分豊かな暮らしはできるのですよね。
物に振り回されない暮らしがしたいです。

お仕事、すごく大変そうですね。
はなじょなさんのお宅はいつも片付いているので、
家ではゆっくりくつろげると思いますが、
体調にはくれぐれも気をつけてくださいね。

こんにちは。

ちゃくちゃくとお片付けがなされてますね。
Hikobeさんちの押入れ、片付け前でも随分すっきりしてるのでびっくりしました。
Hikobeさんご自身も言われてましたが、何度かお掃除していると物が整理されてくるんですね。
きちんとお片付けをすればのちのち手がかからなくなってくるし、
また反対に放ったらかしにすれば、片付けが余計に嫌になって物が増えていくのかな、と思います。

だけど、これだけやってらしても、押入れという普段常には使わないところゆえ、それでもホコリが溜ってたりするのには驚きでした。

マキタの掃除機はこういうときには大活躍ですね。欲しいなぁと思っていますが、今だに買っていません。
買った時に置く場所を考えると、今はまだないからなんです。
そのうち綺麗にしてスペース的に余裕ができたら買いたいです。
Hikobeさんはこのマキタの掃除機はどういう状態でどんな所にしまっておられるのですか?

うちの押し入れは今凄いことになってますが、でも近いうちに、Hikobeさんとこみたいにすっきりした状態にしたいなと思います。


下に引いてあるのはスノコですか?なんかサイズがぴったりでいいですね。

ぱおさん、こんにちは。

整理前後の写真にあまり変化がないので、
なんだか面白くないですね(笑)
たぶん家族も誰も掃除や整理をしているなんて、
気づいてくれてないと思います。
でも自分の気持ちがすっきりしたので、
それでいいのかな。

押入れは、布団を出し入れするせいか、
結構ホコリがたまりますね。
でも下の段は、ぜんぜん掃除していなかったので、溜まってて当然だったと思います(笑)

マキタの掃除機の置き場所は、
リビングの窓の右端のカーテンの横の壁に
フックで立ててかけてあります。
だいぶ前の記事にも少し写真を載せたのですが、
また何かの機会に載せてみますね。
掃除機が白いので、
白い壁に溶け込んで目立たないですよ。

そこは、ダイニングのテーブルの主人の席のななめ後ろで、
最初主人は「こんなところに掃除機置くなよ」と
文句を言っていましたが、
今ではもう気にならないみたいです(笑)

でもマキタの掃除機は、
ちょっとした掃除には便利ですが、
吸引力は、普通の掃除機の方が上なので、
あまり期待しないほうがいいかもしれません。
メインで使うのには物足りないかと。

すのこは、社宅のときに使っていたものをそのまま使いました。
押入れの奥行きは、だいたい決まっているのでしょうね。
きっとすのこもそのサイズに合わせて売っているのだと思います。

衣装ケースも主人、私、義母がそれぞれ持ってきたものや社宅時代に買ったものなんです。
本当は、扇風機とか大きなものもしまいたかったのですが、
衣装ケースだけでいっぱいになってしまいました。
でもそのおかげで
余計なものが入れられなくて、
散らかりにくくなっているのかもしれませんね。

ぱおさんのお宅の押入れも、
片付けたらまたアップしてくださいね。
楽しみにしています。



いろいろ教えていただいてありがとうございます(^-^)

マキタの掃除機は部分的に使うものかな、とは思っておりました。
以前真剣に買おう!としてた時にいろいろ調べて、紙パックが小さいことなどから(紙パック式でないタイプもあるようですが)メインで使うものではないんだろうな、と思っていました。
何かをこぼした時にさっと吸ったり、またうちにはHikobeさんとこと同じく犬がいますので、
抜け毛が落ちてるときにさっと部分的にとれたらいいかな、と思ったりしています。
一時期ほどの欲しい熱は今さめてますが、それでも外出した時に、ビルの階段などを掃除人の方がマキタの掃除機で掃除されてるのを見ると思いだして欲しくなります(笑)

ご主人の「こんなところに置くなよ」には笑いました(笑)
ご主人の席の近くに置いてあるんですね。
うちでも同じようなことをしたら、きっと同じことを言われそうです。
なんかHikobeさんとこのご主人と似たところがあるというか、夫婦の関係が似てるのか親近感がわいてしまいます。

そういえば、前にコメントのお返事くださった中に、義母さんの、普段あまり作らないようなお料理を出したら、義母さんがお皿を持ち上げていろんな角度で見るっておっしゃってたのにも笑いました(笑)
うちはお姑さんはいませんが、でも主人にも似たとこありますよ。
うちの主人はあまり変わったもの、特に創作料理などは嫌がるので、
そういう料理を出したら、うちの場合は一切お皿に手を触れず、置いてあるまま、目線でじーっと見つめてそのまま一度もお皿を持つことなく「ごちそうさん」ってお箸を置いたりします。
これもけっこうむかつきますよ(笑)

まぁ、歳とるとどうしても新しいものへの受け入れ態勢が出来にくくなってくるのでしょうし、
そう考えると私たち作る側に問題あるわけでもないのかな、と思ったり。年だからしょうがないんですね(笑)

その時におっしゃってた、料理の盛り方ですが、ベストな方法ですね!
二つの大皿にして一つはご主人と義母さん、もう一つがHikobeさんと娘さん。
ほんとバッチグーだと思いました!(笑)

そういえばこの間、あれから一度夕食を盛り皿形式にしましたよ。
出す時に、「二人でこれだけ食べるから、だいたい半分くらい取って食べてね」
と言いましたら、きちんとそのようにやってました。
3品くらい盛り皿にしたので、主人がまだ手をつけてないお皿の分から自分の取り皿にとって、
「これはもう半分私がとったから残り全部食べてくれていいからね」といったり。
ただ、なんのおかずか忘れましたが、一品は各自のお皿に別々に盛ったメインがありましたので、
何か一つでも自分のメイン皿がある時は、サブの小鉢を盛り形式にしてもいいのかな、と思いました。

ごめんなさい、なんか余計な話で長くなりました。

Hikobeさんの、自分の気持ちがすっきりしたというのはとても良く分かります。
片付けていて思いますが、片付けると見た目がすっきりして気持ちいいのもあるけど、自分の気持ちもすっきりしてきますね。

そのうち、家全体がすべてすっきりしたら、どんな心の状態になるのかと思うと、これ以上にない最大級のすっきり幸せ感を味わえそうですね(笑)



ぱおさん、こんばんは。

マキタの掃除機はあったら便利だけれど、
なくても問題ないと言ったところでしょうか(笑)

義母のお皿の見方のことですが、
義母は網膜が悪いので
視野に見える部分と見えない部分があって、
それでお皿の角度を変えて目で見える位置を探して確かめているんですよ。
なので、悪気がないのはわかるのですが・・・。
好き嫌いの多い人にとっては、
わからないものを食べるのは恐怖なんでしょうね。

ぱおさんのご主人も新しい料理はだめなんですね。
やっぱり歳のせいもあるのでしょうか。
私は今はなんでも食べますが、いつかそうなるのかなぁ。

義母が残すと嫌な気分になるのですが、
ぱおさんも、ご主人が残したらそう感じますか。
私は義母だからそう思ってしまうのかなと思っていたのですが、
ちょっと安心しました。

でもご主人だったら、残す理由とか遠慮なく聞けそうですね。
義母にはそれが聞けないので、
次は出さないようにするという対策しか立てられません。
たまに聞くこともあるのですが、
義母も本当のことが言いにくいので
「もうお腹かがいっぱいだから」とかしか言わないんですよね。
(でもその後の果物は残さず食べるので、またむかつきます・・・笑)

盛り付けを2つに分けた方法、バッチグーですか(笑)
大皿盛りもされたのですね。

ぱおさんは、ご主人が箸をつけて残ったおかずはどうされるのですか?

私は義母が箸をつけたおかずは食べられないのですが、
主人は平気で食べるんですよ。
おかずだけでなく、食べ残しのおかずのついたご飯もです。

ただ、それで義母が、
「これ、○○さん(主人のこと)に食べといてもらつて」と言って、
あと一口で食べられるようなものも平気で残していたんです。

それで、主人に「食べてあげてるから平気で残すんだよ」と訴えたら、
それから主人は、義母に食べてと言われても
「食べない」とか「いらない」とかはっきり断るようになりました。
そしたら、義母も残さないで食べるようになってきました。
(残したくないので、手をつけないおかずもあるということですが・・・。)

うちの娘も、「食べないのだったら捨てるよ」
と言ってから残さないようになりました。

今まで主人も私もお互いに食べてあげて、
義母と娘を甘やかしていたんだなぁと思います。


長くなってしまってすみません。


>そのうち、家全体がすべてすっきりしたら、
どんな心の状態になるのかと思うと、
これ以上にない最大級のすっきり幸せ感を味わえそうですね

笑っちゃいました。
本当に味わってみたいですね。
どんな感じなのかなぁ。

掃除や整理はしても、キレイなのは一瞬で
また汚れも溜まるし、物も増えていくし、
ずーっと掃除と整理を繰り返していくしかないのかなぁと思ったりします。

でも繰り返す度に楽になっていけばベストですよね。
そうすれば、最後には最大級のすっきり感が味わえるかも・・・

おはようございます。

>あったら便利だけどなくても問題ない
思わず笑っちゃいましたよ!(笑)

ないことで凄く不便を感じているならいざしらず、そうでなければ今以上ものを増やさないのが賢明なのかもしれませんね。
買うとしても、今の家の中をきちんと整理して、片付けて、すべてが整った上で購入するのが正しい道のような気がしてきました。

食べ残しの問題、主婦にとっては頭の痛いところですね。
Hikobeさんのご主人はあまり食べ残しをされることがないようですが(そんな話はほとんど聞かないですよね)、うちはそうしょうっちゅうというわけではないんですが、あまり好きでないものとか、見た目が夫的にダメだったりすると食べないですね。
割と神経質なところもあるので、買ってきたお惣菜でいろんなものを混ぜてるのだったり、また細かく切ってるのとかだと「廃棄するものを料理に使っているのでは・・」と考えて食べるが気持ち悪くなったりするようです。

世間では吉兆の話が話題になってますが、昔は特にそういうことが多かった時代だと思うので、夫の年代の人達は特にそういうことを心配するのかもしれませんが・・・

ちょっと今想像して考えてみたんですが、私の夫の食べ残した時に感じる嫌な思いと、
Hikobeさんの義母さんが残された料理に対してHikobeさんが思われる嫌な感じとは、おそらく同一の類ではないでしょうか。

その嫌な感じを分析してみると、自分が丹精込めて作った料理(オーバーすぎます?(笑))を残されたことによって受ける悲しみの矛先を、その悲しみを与えた相手にむけて憎しみを持つ(言葉がいちいちオーバー過ぎますね(笑))ことでバランスをとってるというか、
結局その嫌な感じって、根本は「悲しみ」からきてると思うんですよね。
だから、相手が誰であっても同じ気持ちになると思うんです。

だからHikobeさんは義母さんだから嫌な感じがしているとか、自分を責められる必要は全くないと思いますよ。

主人の食べ残しですが、そうですね~
自分が食べてもいいなって思う料理の時(私の好物とか)は私が食べてしまうこともありますが、
基本的に主人に出したものは全部主人に食べてもらいたいと思っているので、
夫が嫌いなものでなければ、明日また夫に食べさすつもりで冷蔵庫に入れておくときもありますし、
このままでは主人は明日も食べないだろうな、と思うときは、もし何か手を加えて違う料理にできそうな時はそうしますし(でもこれするときは実際少ないですね。そんなにお料理の展開ができる器用な方じゃないですし…)
もちろん捨てることもありますよ。

私がすごくお料理上手ならいいんでしょうけど、残念ながらそういうわけじゃないですし、
私が作る料理がいつも主人に気に入るとは限りません。
だからどうしてもこういう問題は出てきます。
Hikobeさんの義母さんにしてもそうでしょうね。
義母さんの好きなものばかり食卓には出せないのですから。

また前にも言ったことがあると思いますが、高齢になってくるといろんな身体の不調などもあって、
その日の気分によっても味覚が変わることもあるようですよ。

そう考えるとあまり神経質にならない方がいいのかなと思ったりもしますが、実際残されるとその処分にも困るわけですし…。

食べなかった時に、確かに義母さんには理由は聞けないでしょうね。
夫には聞けますが、でも考えたら聞けたところであまり問題の解決にはならないような気がします。
だって、今まで何度も主人に聞いてきた私ですが、それでも今でも嫌な料理の時に残される回数が減ってきてるわけじゃないですもん…改善するのはこちら側なんでしょうけど、でもなかなか相手の思うようには料理できないのも実情のようです(笑)

盛り皿を今まであまりしてこなかったのも、料理によっては主人が取らなかった困る、というのもあったからで、そういえば昨日も一つは盛り皿にして、もう一つは普通に分けて別皿でだしたんでうsが(別皿の方は主人が食べないおそれがあったので)でも別皿にしてもやっぱり残されてしまいました(泣)

この問題はほんと難しいですね~(笑)

まだいろいろお話したいこともありますが、いくらでもお話してしまいそうなので、今日はこれくらいにしておきます。

とりとめもない話をだらだらすみません。





盛り皿にすると、




ぱおさん、こんにちは。

またまた丁寧なお返事ありがとうございます。
なんだか話がつきませんね(笑)

作る方の立場にとっては、
残されるのが一番悲しいことですよね。
嫌な気持ちになるのは当然かもしれません。
義母だって作ったことがあったのでしょうけど、
残されても気にならなかったのかなぁ。
まぁ、この問題は自分の気持ちを割り切るしかないのでしょうね。

食べない理由を聞いても、解決にならない・・・
そうですか。
確かに自分はそんなに料理の腕もないので
相手の意向を聞いたからといって、
その通りに作れるという訳にはいきませんよね。
納得しました(笑)

料理は、自分の食べたいものをただ作ればいいというのではなくて、
相手に合わせなければいけないところがしんどいなぁといつも感じます。
でもそうやって苦労することによっと上達していくのかもしれませんね。
お互い頑張りましょうね!
プロフィール

Hikobe

Author:Hikobe
家族構成
 私(パート主婦)
 夫(会社員)
 娘(高校1年生)
 義母(要介護1)
 犬  1匹

4LDKのマンション暮らしです。

目指しているのは無理無駄のない
シンプルかつ丁寧な家事です。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村へ

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
コメントありがとうございます。
 リンク
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon商品一覧【カテゴリ別】
シンプル家事のおすすめ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。