スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の家事 6月4日(水)

7時起床
  朝食準備
  朝食
8時(娘登校、義母朝食のため、リビングに出てくる)
  食器洗い(前日分と朝食分)
  洗濯
  トイレ掃除
  洗面所拭き掃除
  義母の部屋の掃除
8時45分(義母デイサービスに行く)
  和室の布団を上げる
  浴槽と洗面ボールの掃除
9時
  インターネット(ブログ更新)
10時
  洗濯物を干す
10時30分
  キッチンの丁寧掃除
    シンク周りの壁を拭く
    食洗機の丁寧掃除(カゴを取り出して洗う、本体の中の汚れを取る)
    水切り籠を洗う
    シンク、蛇口を磨く
    排水溝の奥をパイプブラシで掃除
    ゴミの始末
11時
  全部屋の換気と掃除機かけ
11時30分
  昼食準備
  昼食
12時
  インターネット(ブログ更新)
13時30分(娘帰宅、すぐに遊びに行く)
  来客の応対
13時50分
  来客帰る
  インターネット(ブログ更新)
14時45分
  ラジオ英会話の放送を聴く
15時
  ラジオ体操
15時15分
  インターネット(ブログ更新)
16時
  家計簿つけ
  明細書のファイリングと処分
17時(娘帰宅)
  鳥かごを部屋に入れ、リビングのカーテンを閉める
  和室に布団を敷き、カーテンを閉める(娘が手伝う)
  娘が洗濯物を取り込み、いっしょにたたんで、しまう
  浴室のセッティング
18時30分(娘は基礎英語を聴く)
  夕食準備
  テーブルセッティング
  調理道具洗う
19時
  夕食
19時40分
  お茶とデザートを出す
19時50分(義母部屋にもどる)
  食器を下げ、ダイニングテーブルを拭く
20時
  母に電話
21時
  家計簿つけ(5月分の集計)
21時30分
  お風呂沸かす
  娘の歯の仕上げ磨き
  キッチンの片付け
    食器を洗い、拭いて、しまう
    シンクと排水溝の掃除
    床を使い捨ての布で水拭き
    電気ポットの電源を切り、水を入れ替える
    ゴミの始末
    食器布巾と台布巾を石鹸で洗って干す
22時30分
  入浴
  洗い場と排水溝の掃除
  読書
0時(主人帰宅)
  読書
1時就寝

今日は夕食も簡単に済ませるつもりだったので、
昼間はほとんどインターネットで
溜まったブログを更新していました。
インターネットを長時間すると
何も動いていないのに疲れます。
あまりよくありませんね。

今日、定期購読している「かぞくのじかん」が届きました。
「くつろぎを生み出す家事のまわし方」という特集でした。

冷蔵庫や食品庫の使い方なども載っていて、
先日私も整理したばかりなので、
興味津々で、夜中まで読んでしまいました。

朝の家事時間の使い方も、
今うまくいったからと言って
それを永遠に続けていくのではなく、
子どもの成長などに合わせて変えていかないと
いけないんだということにも気づきました。
自分ひとりで背負い込まず、家族に任せるということも
家族の自立のために、とても重要なことなんですね。

辰巳渚さんの「忙しい日の『できない家事』を意識化してみましょう」
というアドバイスも目からうろこでした。

『「しなくてもいいこと」「できないこと」をはっきり見極めてみてください。』
『「しなければならないこと」を次々とスケジュールに組み込んでも、
理想と現実が食い違ってストレスの原因になってしまいます。』


・・・私は毎日それでストレスを感じているのかもしれません。
完全に終えて満足する日などあまりなく、
ほとんどの日は、やり残したという気持ちだけが残っています。
ただ、私の場合は忙しいというわけでもないのに
できなかったりするので問題外ですが・・・(汗)

これからは「今日絶対にすべきこと」だけにしぼって、
「今日もちゃんと家事を済ませた」と満足して
一日を終えるようにしていきたいと思います。

♪ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 家族ブログ 家事へ banner2.gif
     ↑          ↑
クリックしていただけると励みになります。
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ!主婦!! - ジャンル:結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

Good!

こーんなに頑張っていて、やり残した感なんて・・・
私、穴があったら入って自分で土かけたい。
トイレ掃除なんて汚れてこないとしないのよ、
食後のデザート・・・あこがれの生活。
今日ちょっと真似して、パイナップルだしてみましたが・・・

電気ポットの水の入れ替え?
すみません、買ってから継ぎ足し継ぎ足しで今にいたってます。

もう、本当にすごいです。

普通なら頑張ってくださいと言うところ、
頑張りすぎないでねって

思います。
すばらしいです。主婦って大変ね。

「かぞくのじかん」早速買って読んでみたくなりました。毎日の満足感が大事そうですね。

こんにちは。

この間、お話してくださった冷蔵庫の本と、少し共通するものがありますね。
(あの冷蔵庫の本、図書館で検索したら貸し出し中で予約が入ってました)
こちらも読んでみたいです。

Hikobeさんの家事の時間簿の中で出てくる「~セッティング」という言葉が好きです。
とても丁寧に家族の為に、愛情を込めて用意をされてる感じがします。

ちなみにテーブルセッティングではどんなことをなさるんですか?
(うちは一人用の小さなお膳とお箸置きとお箸を置きます)
それに浴室セッティングは?
お湯を沸かすだけとは違うんですか?

こんにちは、秋子です。

 定期購読されている「かぞくのじかん」
 なんだか良さそうですね♪

 家事をする上でいろいろ参考になりそうなので
 本屋さんで一度見てみようと思います。

 家族にも任せてみたいけど、子供に上手に
 お手伝いをさせたいのですが、なかなかうまく
 できません(涙)
 長男には、いつも「疲れるから嫌や~」と言われ・・・・。
 旦那は、ほとんど家にいないし・・・・。

 かぞくのじかんが欲しいものです。

 

みぃーこさん、おはようございます!

お返事が遅くなってすみません。

私も以前はトイレ掃除も汚れてからしかしなかったし、
電気ポットも注ぎ足してましたよ(笑)

昼間結構コーヒー飲んだりして、
夜はポットのお湯もほとんどないのに、
注ぎ足しもせずにそのまま朝まで保温していたので、
電気代がもったいないかなと思って
消すようにしました。
で、ついでにお湯も残ってないので、
やかんでいれるより直接入れ替えたほうが楽かなと思いまして。
でも、これも毎日はできてないんですよ。
ポットどころか洗い物もそのままで寝る日も多いですし(汗)

デザートなんておしゃれな書き方をしてしまったのですが、
この日は、残ってたアイスクリームを出しただけで、
ホント、たいしたことしてないんですよね(汗)
うーん、なんか表現の仕方がおおげさなのかもしれません(笑)

みぃーこさんの毎日の生活に比べたら、
私はなんてだらけた生活をしているんだろうって
いつも思います。

みぃーこさんの方がすごいですよ。
生き生きとお仕事されている姿がかっこいいです。
みぃーこさんこそ、頑張りすぎないように気をつけてくださいね。

やまももさん、おはようございます。

お返事遅くなってすみません。

この雑誌、私はすごく気に入っているので
定期購読続けることにしました。
婦人之友は図書館で読んでいるのですが・・・。
かぞくのじかんは毎月発行ではないからか、
読みたい記事が凝縮されているような感じがします。
うちの近隣の書店には探したけど売っていませんでした。
やまももさんは書店で買えるのでいいですね。

ぱおさん、おはようございます。

冷蔵庫の本ですが、私も図書館でだいぶ待ってからやっと読めたんですよ。
でも、内容はほとんど冷蔵庫に関することではないんですよね。
最初にちょこっと出てくるだけで(笑)
でも、続編で「冷蔵庫で食品を腐らせない日本人」というのが出ていて、
こちらの方が保存方法とか詳しく載っているようで面白そうです。
それにしても、この著者の食生活はすごいです。
食材をとことん生かすというのは憧れますが、なかなかここまでは・・・。
今日、図書館で続編を借りれるので、読んで面白かったら紹介しますね。

テーブルセッティングは、
4人分のおちゃわん、汁わん、お箸、コップ、
取り皿をそれぞれの席に置いています。
ご飯やみそ汁は自分でついでもらっています。

箸置きは以前置いていたのですが、
食洗機に入れるのには小さすぎて下に落ちるし、
洗うのが面倒なので、やめました(笑)
本当はかわいい箸置きとか集めたいんですけどね。
カトラリーの引き出しが小さくて入らないので我慢しています。

浴室のセッティングは、
朝、浴槽を洗って、蓋を立てかけてあるので、
蓋を浴槽に乗せて、栓をして、
洗面器と椅子を洗い場に配置して、
お風呂マットを浴室の前に敷いています。
バスタオルも家族それぞれの定位置があって
そこにかけます。
あとは、お湯を沸かすボタンを押すとすぐに入れる状態です。
ごく簡単なことでお恥ずかしいです。

「セッティング」と書くと、たいしたことをしていなくても、
すごく丁寧にやっているというイメージになってしまうのですね(笑)
やっぱり表現の方法を変えないといけないかなぁ・・・(笑)

秋子さん、おはようございます。

うちもなかなかお手伝いはしてくれないんですよ
(涙)
遊ぶ方に夢中でして・・・。

小さいときは、子供さんもまだうまくできないので、
教えるほうの親がよけいに大変になってしまいますよね。
でも、そのときに我慢強くやらせてあげていたら、
今頃は、すごく助かっていたんだろうなぁと思います(反省)

でも今回の特集では、
小さいときにやらせてうまくできなくて諦めたものが、
子どもが小学校の高学年になったので、
お風呂掃除なども力が入るので、
上手にやれるようになったというような内容でした。
なので、まだまだ焦らなくてもよいのではと思います。

とにかく、今は当然のように自分がやっていることを
もしかしたら、任せられることかもしれないと、
時々考えてみることが大事なのかなぁと思います。
押し付けるのではなく、機嫌のいいときに
少しずつやり方を教えてあげて、徐々に任せていけたらなと思っています。

でも、秋子さんはご主人に手伝ってもらえないので、
大変ですよね。
本当に、かぞくのじかんが増えるといいですね。
プロフィール

Hikobe

Author:Hikobe
家族構成
 私(パート主婦)
 夫(会社員)
 娘(高校1年生)
 義母(要介護1)
 犬  1匹

4LDKのマンション暮らしです。

目指しているのは無理無駄のない
シンプルかつ丁寧な家事です。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村へ

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
コメントありがとうございます。
 リンク
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon商品一覧【カテゴリ別】
シンプル家事のおすすめ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。