スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の献立 9月22日(月)

夕食時間 7時
献立   さばの味噌漬け
      切干大根の煮物
      かぼちゃの煮つけ
      めかぶ

使った在庫食材
      冷凍庫・・・さば、あげ
      冷蔵庫・・・めかぶ
      野菜室・・・かぼちゃ
      食品庫・・・切り干し大根

家にあるもので献立を考えました。

♪ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ人気ブログランキング インテリア 雑貨へ
     ↑          ↑
お時間がありましたら、クリックしていただけるとうれしいです。
スポンサーサイト

テーマ:食日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
第三弾の義母さんのお部屋のお片づけ、
楽しく読ませていただきました。

しかし本当に大変でしたね・・・
片付けって掃除よりも頭を使う分、
時間も圧倒的にかかりますし、
それも自分のものならともかく、
義母さんの持ち物ですもんね。
人のものなんて分かりませんよね。

古い劣化したベルト、冷や汗もんって書いてあったので、
もしかして、捨てないほうが良かったとか、
後でそんなことがあったのかな?

自分のものでさえ、今後必要かどうかの判断ができなくて、
捨ててしまってあとで後悔したりするのに、
人の持ち物のことなんて分かるわけないですよね。
これは声を大にしてそう思いますよ。
神様じゃないんですもん…。

なんか話それますが、
私は独身の頃、母が入院中、
私は仕事をやめて、母の代わりに父の商売(飲食店)を手伝ってのですが、
その頃、よく父と気が合わなくて揉めて、
入院先の母によく愚痴を聞いて貰ってました。
内容的は、父が私に「ああしろ、こうしろ」とできないようなことを、
要求することだったんですが、
すると母は、
「忙しいときは自分の手ですら上手いこと動かんのに、
人の手まで動かす事なんて出来へん」
と言って笑ってました。

母はそれから一週間も経たないうちに他界しましたが、
今でもその言葉は何かのときに思い出して救われてます。

人はとかく自分本位に考えて、
相手に文句を言ったり、無理な注文をしたりしがちですが、
気にすることはないんだなぁと思います。

だって、ご本人が、自分でもできないこと、
なんで他人ができるんでしょうね(笑)

Hikobeさんは、ほんとよくやってらっしゃると思いますよ。
ブログをとおして沢山の方がそう思ってると思います。

ところで、義母さんのお部屋、
戸棚が沢山あって、本当に使いやすそうな部屋ですね。
向きも良いみたいですし、良いお部屋を義母さんに進呈されてるんですね。

義母さん、美容院をやってらしたんですか。
だから洋服とか沢山お持ちでお洒落なんでしょうね。
Hikobeさんは美容院に行かれてるみたいですが、
Hikobeさんのご主人や娘さんの髪の毛を
切ったりとかはされないんですか?(^-^)

ぱおさん、こんばんは。

本当に人の持ち物のことは分かりませんね。
本人に聞けばいいのですが、
聞くとよけい片付けにくくなりますし。

ベルトのことは、また記事で書こうと思っています。
(でも大した話じゃないので書かないかもしれませんが・・・)
なんていうか、忘れたころに義母が思い出すんですよね。

ぱおさんのお父様は飲食店をされていたのですか。
親子でいっしょに仕事をするのって、
遠慮がないから、逆にいろいろ大変かもしれませんね。

>今でもその言葉は何かのときに思い出して救われてます。

温かい気持ちが伝わってきました。
お母様の言葉が心の支えになっているのですね。
きっと、とても優しいお母さんだったんでしょうね。


今回の義母に関する記事、
読んでいる人は、愚痴ばかりで嫌な気持ちになるのでは、と不安でした。
ぱおさんが「よくやっている」と言ってくださったこと、うれしかったです。
なんだか私も救われました。

マンションを契約したときは、義母と同居する予定はありませんでしたので、
この部屋は、子ども部屋にするつもりでした。
でも、入居前に急遽同居が決まり、
トイレに近いこの部屋を義母の部屋にして、
リビングに娘のコーナーを作ったんです。
日当たりはいいのですが、
欲を言えば、介護のためにはもう少し広いほうがいいなと思います。
もっと体が不自由になった場合、ベッドの周辺が狭いと
移動させたり、床ずれ予防に向きを変えたりするのがやりづらいと思いますので。


義母は美容院をやっていたのですが、
技術の方は???という感じでした。
以前、一度だけ義母にカットしてもらったことがあるのですが、
だんだん畑みたいなへんてこりんな髪型になって・・・。

それよりも忘れられないのは、
娘が3歳のとき、義母に娘の前髪を2センチくらいの長さに切られたことです。
義母の美容室の方から、義母と主人が
「あら、かわいくなったわねぇ」と絶賛している声が聞こえたので行ってみると、
娘の前髪が短くちょんちょんになっていて・・・
私に何も言わず、勝手に切ってたんですよ。
七五三の直前だったので、
あの時は、本当に悲しくて涙が出ました。
あの髪型がかわいいだなんて、
主人と義母はどういう感覚してるんだと思いました。

うーん、やっぱり愚痴になってしまいますね。
すみません。

娘の髪は、今まで私が切っていたんですけど、
先月初めて美容院でカットしてもらって
やっぱりプロの方が上手だと思いました。
(義母は絶対ダメですが・・・)
値段も子ども料金だとそんなに高くないので、
これからは美容院にお任せしようと思っています。

主人は、散髪屋さんじゃないと嫌みたいです。
(義母には絶対切ってもらわないと言っていました)
主人は、髪型にこだわる人じゃないので
いつも一番安いところで散髪してもらっています。

ぱおさんのご主人の髪は、確かあの秘密兵器がありましたよね。
ぱおさんがいつも切ってらっしゃるのですよね。
プロフィール

Hikobe

Author:Hikobe
家族構成
 私(パート主婦)
 夫(会社員)
 娘(高校1年生)
 義母(要介護1)
 犬  1匹

4LDKのマンション暮らしです。

目指しているのは無理無駄のない
シンプルかつ丁寧な家事です。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村へ

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
コメントありがとうございます。
 リンク
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon商品一覧【カテゴリ別】
シンプル家事のおすすめ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。