スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義母の部屋の整理と掃除 2009年8月20日(木)

また更新が滞ってしまいました。

連休中はのんびり過ごしています。
でも、暇があるのに、この記事なかなか進みませんでした。
写真も適当にしか撮っていないし、書いていると、気づいたら愚痴だらけになっていて、
書いては消し、書いては消し・・・。
義母のことを考えると、自分の心の醜い部分が出てきます。嫌になります。

でも、いつまでも時期外れの記事を書いているのも情けないですよね。
早く書かないと。
10月からは、リアルタイムの記事が書けるようにしたいです。
コメント欄も閉じていて本当にごめんなさい。



前置きが長くてすみません。

これは8月の整理の記事です。

主人の夏休みを取っている間(8月13日~23日まで)
義母を親戚の家(元自分の家です)に預かってもらいました。

毎年お盆とお正月の期間に預かってもらっています。とても助かります。
で、その間に義母の部屋を大掃除したり、衣類や物の整理をしています。

今回の主人の休みの後半には、旅行やイベントなどいろいろ用事が入っていました。
旅行の前には終わらせたいと思っていたのですが、
義母の部屋に入る気になれず、なかなか取り掛かれませんでした。

義母を預けた初日(13日)は、おもいつきで娘のコーナーを整理しました。

14日は、家族で一日買い物に出かけてできませんでした。

15日にやっと、やる気を奮い立たせて、取り掛かりました。

まずは義母の使っていた布団を干し、
マットを立てかけ、シーツ類をすべて洗濯し、
クローゼットの上段の棚のモノを出して、拭き掃除しました。

でも、そこまででやる気はなくなりました・・・。
やろうと思えばもっとできたんですけど。

16日朝からは旅行に行って、18日夜に帰宅、
19日は空いていたのですが、旅行の荷物を片付けた後は
疲れてボーっと過ごしてしまいました。

20日はお友だちと会う予定だったのですが、突然キャンセルになって空きました。
21、22日は朝から夕まで出かける予定が入っていました。
なので、この日(20日)しかないと思って、やっと重い腰を上げました。

クローゼットとチェストの衣類の整理です。

衣類の整理の前に、まずカーテンを洗い、窓を拭きました。
介護ベッドも拭きました。

そして、クローゼットの衣類をベランダに干しました。
クローゼットの衣類

チェストの衣類も全部出しました。
チェスとの衣類

クローゼットの中を拭き掃除しました。
クローゼット

チェストの引き出しも全部拭き、しばらく開けて乾燥させてから、包装紙を敷きました。
チェスト

そのあと、冬のコートやジャケット、ブラウスなどはすべて、
クローゼットのハンガーにかけました。
小さいクローゼットなので、キュウキュウでした。

下着、靴下やパジャマ、ズボン、セーター、タオル、ハンカチなどの小物は
たたんで、チェストの引き出しにしまいました。

クローゼットとチェストのビフォーアフターの写真、探したんですが、撮っていませんでした。
でも、だいたい去年と同じです。

パイプハンガー
クローゼットの前にパイプハンガーを置いて、今の季節に着る服をかけています。
夏に着るであろう半袖の服だけかけておきました。

ここに冬の毛皮のコートやセーターなどもたくさんかかっていました。
ホコリをかぶっていたので、ブラシをかけ、クローゼットに収めました。

義母が親戚の家から帰るとまた衣類が増えると思うので、
空のハンガーをたくさんかけておきました。

できれば、ここは今の季節に着る服、クローゼットは季節外の服と入れ替えてほしいです。
でも、義母はクローゼットから取り出したら、ずっとこのパイプハンガーにかけっぱなしです。

ここまでで整理は終わりです。

その後、義母が帰宅する日(23日)にベッドメーキングをしました。
ベッドメーキング
すっきりしたのですが、午後一番に義母が戻ってきて、すぐにここは散らかりました・・・。


 ♪ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
     ↑          
お時間がありましたら、クリックしていただけるとうれしいです。

 以下はただの愚痴です。

義母の衣類や持ち物は、去年の夏にも預かってもらっているときに
結構大掛かりに整理しました。
片づけが終わったとき、自分の気持ちはスッキリしました。

でも、義母が帰ってきても気づきもしないし、というより、
数日後、あるやり取りの中で「あんたは捨てるのが好きよねぇ」と嫌味を言われました。

やる気を失いました。


よほど不要と思われる以外のものは、処分してもいいか義母に必ず聞いています。

以前住んでいた実家(毎年預かってもらっている家)では、
2人分のクローゼットと2つの整理ダンスを義母ひとりで使っていたようです。
でも、今のマンションの小さなクローゼットと小さなチェストに収まる衣類は限られています。

同居したとき、大量に持ってきた衣類、
毎年毎年衣替えに四苦八苦して、
何回にも分けて義母に着るのか着ないのか聞いて、やっと収まるまでに減らしました。

それなのに、義母は親戚の家から戻るたびに見たことのない服を持って帰ってきます。
それらは、いつもそのまま紙袋に入っておきっぱなしです。


で、この夏も義母が帰ってきたら、服を持って帰ってきました。

やはりずっとおきっぱなしです。
ベッドの横の床にずっと置いてあるので、
掃除機をかけるたびにベッドの上にあげておきました。(嫌味ですが・・・)
でも、また義母が部屋にもどるとベッドの下に置かれ、知らん顔で寝ています。

3週間後、しびれが切れました。
「その紙袋、いつ片付けるんですか?」と聞きました。
すると「もらったんだけど、柄が見えないのよ。(目が悪いので)」と言いました。

柄がわからないのと片付けるのとは関係がないのでは。

服がしまえるようにハンガーもチェストの中も空間をたくさんあけておいたんです。
そこにかけるだけでもすればいいのに。

それに、着たい服を持って帰ってくるのならまだしも、
着るかどうかもわからないものをもらってきてほしくありません。

「服を増やすんだったら、その分着ないものを減らしてください。」と言ったら、
「捨てろって言うの!」とにらまれました。

別に捨てろと言っているわけではありません。

着る服と着ない服がわかるように区別してほしいんです。
見えなくてわからないのなら、見えなくても自分が把握できるくらいの量にしてほしいんです。
自分で片付けられるようにしてほしいんです。
なんでもかんでもめちゃくちゃにタンスに突っ込まないでほしいんです。
整理するほうは大変なんです。
自分の服を整理するのも大変なのに、人の服なんてわけがわかりません。

私は捨てるのが好きなわけではありません。
できるだけ物を使いきって、それでも使い切れないものは心を痛めながら処分しているわけです。
ものを買うときも、無駄にならないか置き場所があるか一生懸命考えて買っているんです。

でも、自分で片付けない人にはわからないんでしょう。捨てるときの心の痛みが。
一度ひとりで暮らしてほしいです。
義母がひとりで暮らしていたら、きっとゴミ屋敷になっていることでしょう。
片付けるのがどんなに大変か知ってもらいたいです。

正直、義母の部屋なんか二度とかたづけるもんかと思いました。

でも、やっぱり放っておくと、義母の部屋はどんどん散らかっていき、
気になって片付けてしまうんです・・・。

あぁ、愚痴になってしまって、本当にすみません。
軽く流してくださるとありがたいです。
スポンサーサイト

テーマ:+++掃除・収納・捨てる+++ - ジャンル:結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hikobe

Author:Hikobe
家族構成
 私(パート主婦)
 夫(会社員)
 娘(高校1年生)
 義母(要介護1)
 犬  1匹

4LDKのマンション暮らしです。

目指しているのは無理無駄のない
シンプルかつ丁寧な家事です。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村へ

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
コメントありがとうございます。
 リンク
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon商品一覧【カテゴリ別】
シンプル家事のおすすめ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。